試供品でも日焼け止めでも敏感肌はスキンケアが美肌のポイント

ウーマン

お肌に合えば効果抜群

ソープ

顔ににきびが出来ると、非常に目立つので直ぐに対処したいと考える人はたくさんいます。にきびを治す為には、化粧品を使う場合がとても多いです。その中でも石鹸を使ってにきびを治す洗顔方法に人気があります。石鹸は油脂、苛性ソーダを主な成分として作られております。その他にもいくつかの成分が含まれておりますが、自分の肌にあってるか事前に確認を取っておく事が重要です。特に敏感肌の場合は、肌に合わない成分が入っているとかえって肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。合成物質が配合されている石鹸であれば、たとえにきびに効果があったとしても、他の石鹸を選ぶようにしましょう。自分の肌に合った石鹸を選ぶ事が出来れば、にきびを治す事が出来るうえに予防としても使い続けられます。

石鹸を使って洗顔を行う場合、洗顔自体も正しい方法で行う必要があります。そうしないと、石鹸の効果も薄れてしまうからです。まず最初に両手をハンドソープでしっかり洗います。手に付いている汚れや雑菌を綺麗に落としておく事がポイントです。次に石鹸をしっかり泡立てて顔に優しくなじませていきます。そして最後にぬるめのお湯で洗い落します。お湯は熱すぎないように注意しましょう。洗い終わったら、肌に優しいタオルで丁寧に拭き取ります。顔を洗う前に、蒸しタオルを使って顔の毛穴を開かす工夫をしておくと、より洗顔効果が発揮できます。蒸しタオルは、水で浸したタオルを電子レンジで数十秒ほど熱する事で作り上げられます。効果は大きいので、是非蒸しタオルを使用しましょう。